スタンド花が人気の理由

贈って喜ばれる花とは?

評判の良いスタンド花

人にプレゼントする花といえば、どういったものを思い浮かべますか?

 

いちばんに思いつくのは、やはり最高級の胡蝶蘭などではないでしょうか。
一本でも、たくさんの花束としても、胡蝶蘭は鮮やかですし花弁も大きいのでよく映えますよね。

 

しかし、スタンド花に胡蝶蘭を使うといったケースはあまり見られません。
なぜかというと、胡蝶蘭は人気がある花ではありますが、どちらかというと法人から法人への贈り物に適した花なのです。
ですので、お店やイベント会場へ贈られることの多いスタンド花にはあまり使用されません。

 

では、個人へ贈るスタンド花の場合、どんな花が人気なのでしょうか?

 

それはズバリ、バラやユリです。室内に飾るタイプのスタンド花にはバラやユリが使われている物がたくさんあります。
飲食店やホテルのなかなどでも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。バラや特にユリは一輪が大きくて存在感があるため見栄えも良くなります。
他にもガーベラやチューリップなど、誰にでも愛されるようなスタンダードな花も人気がありますね。

 

また、単純な人気だけではなく、花の旬も大切です。
その時期に一番美しい花を選ぶということですね。例えば、夏場に贈るスタンド花の場合、ひまわりだけをあしらった夏らしいものに仕上げることもあります。
知識がなくとも、ひまわりのような季節の代名詞と言っていい花があれば、一目見ただけで季節を感じられます。

 

逆に、一つの花の種類にこだわらずに様々な種類を混ぜ込むことによって、ボリューム感を出すこともあります。
花の旬を考えつつ、一種類をあしらうか、彩り鮮やかなボリューム感を取るか、好みが分かれるところですね。

 

花には花言葉というものがあるのはご存知だと思います。
告白であれば赤いバラ、母の日にはカーネーションなど、個人から個人へプレゼントするときにも花言葉を意識してメッセージ性を持たせる場合が多いですよね。
しかし、スタンド花にはメッセージを贈るという意味はあまりありません。
大抵の場合は「おめでとうございます」というお祝いの気持ちを贈るためのものなので、花言葉のことは意識しなくても大丈夫ですよ。

 

花の出来栄えはフラワーショップのアレンジによって異なりますが、同じスタッフが作成した場合には、大体同じようなテイストに仕上がることが多いです。
逆に言うと、同じ花を同じ本数使っていても、担当するスタッフのセンスによって全く違う仕上がりになったりします。

 

どんなに人気の花を使っても、スタッフとセンスが合わなければ素敵なスタンド花が仕上がりません。
ここまでさんざん人気だとか喜ばれる花の話をしましたが、どの花を使うかよりも、まずは評判のよいフラワーショップを見つけることが、喜ばれるスタンド花を贈るための第一歩です。

 

年間数万件の実績!評判のスタンド花

トップへ戻る