スタンド花の飾り方

スタンド花はいつまで飾る?

スタンド花飾り方

贈ったスタンド花がいつまで店先に飾られているのか、気になりませんか?

 

街中でみかけたとしても、毎日その店の前を通るとは限りませんし、いちいち数えていられませんよね。
スタンド花を飾る日数は、そのお店によって違います。長いところは1週間ほど飾っていますし、短いところはその日のうちに処分してしまいます。
一番多いのは2日から3日程度です。花が綺麗でいられる時間だけ飾っておいているのです。

 

処分と言っても捨ててしまう店ばかりではありません。スタンド花は切り花で作られているものが多いので、花を解体して来店したお客様にオープン記念も兼ねて贈られる場合もあります。
特に、名古屋のほうではそういう風習があって、お客様に配るお店が多いようです。花がなくなるのが早ければ早いほど縁起が良いとされています。
スタンド花をお祝いの飾りとしてだけではなく、近隣の方へのご挨拶にも使うのです。

 

夏場などは花もすぐに傷んでしまうので綺麗な状態を保つことが難しくなります。しおれさせてしまって仕方がないので処分することも珍しくありません。飾りっぱなしでしおれさせてしまうくらいなら、綺麗なうちにお客様にプレゼントして喜んでもらったほうが花にとっても贈った側にとっても嬉しいですよね。

 

しかし、オープン前に先走って花を配ってしまうのはよくありません。スタンド花はボリュームが命と言っても過言ではないからです。
オープン前に花に手を加えてしまうと、さあこれからお店を開けるぞという肝心なときに、せっかく華やかだったスタンド花がスカスカな状態になってしまいます。
オープン前から見栄えを悪くするのは、贈る側の気持ちを損ねてしまう可能性があります。

 

逆にオープン後にお花を配るようにすると、徐々に小さくなっていくスタンド花から、お客様がたくさん来店したことが一目でわかります。
目に見えてわかる変化はうれしくなりますよね。

 

コンサートやライブ会場などで飾られたスタンド花の場合は、お花を出演者たちで分けて持ち帰ることが多いようです。
素人ばかりですし道具もそろっていないため、贈られてきた時のような豪華な花束とはいきません。
ほとんどが簡易包装になってしまいますが、ゴミとして処分するよりも持ち帰っていただくようにするのが良いでしょう。
家に帰ってもお祝いの気持ちが目に見えるのは、次の機会の活力にもなります。

トップへ戻る