スタンド花の回収

イベント終了後のスタンド花

スタンド花の回収

ボリュームのある豪華なスタンド花は、新規開店した店先やコンサートなどの各種イベントを華やかに盛り上げてくれます。
スタンド花の力を最大限に発揮するには、飾る場所にふさわしい花や、開催時期に似合う季節感のある花を選ぶことが重要です。

 

しかし、スタンド花には花の他にもう1つ大事なものがあります。それは、花とセットになっているスタンド台です。
今回は、スタンド花における縁の下の力持ち、スタンド台回収についてです。

 

スタンドには花を飾る部分が1段になっているものと、2段あるものが存在するのをご存知ですか。
1段と2段の差は値段と見栄えになります。1段に比べると、2段のスタンドのほうがお値段は張りますが、その分とても見栄えのよいものが出来るのです。

 

スタンドの種類は段数だけではありません。素材も様々なものが選べます。高価なものだと真鍮(黄銅、ともいいます。折り紙のような目を惹く金色ではありませんが、アンティークのような、鈍い輝きを持っています)でできたスタンドも存在しますが、回収対象のため、届先地域によっては贈るのが不可であることもあります。

 

貸出というワードが出ましたね。スタンド花に使われている脚の部分や花器はレンタル品であることが多いのです。
その場合、スタンド部分だけを後日フラワーショップのスタッフが引き取りに来ます。

 

ですが、ネットを含めたすべてのお店が、スタンドを引き取りに来てくれるわけではありません。
花とは違ってスタンドは処分に困るものです。使い終わったスタンドはどうすればよいのか、注文する前にあらかじめフラワーショップに確認しておくと後から困りません。

 

スタンド花は企業から企業へ贈る商業的なものである印象が強いですが、近年では個人が贈ることも珍しくなくなってきました。
アーティストがライブを行う際にファンからプレゼントしたり、親戚におめでたいことがあった時などのケースも増えてきています。

 

もしスタンド花を贈る機会ができて、その時に通販ショップを利用するのであれば、会員登録をしておくのをおすすめします。
次回以降の注文がより楽になるサービスが受けられる可能性があります。
そこが好みに合うよい品を作るのでしたら、また依頼するときに探すのに苦労しません。

 

今は全国どこにでも送れる通販ショップがたくさんありますから、遠くの人にスタンド花を贈ることも簡単になってきました。
しかし離島など、一部の地域には対応してくれない場合や送料が高額になる場合を頭に入れておかなければいけません。
場所が離れていると、どうしても対処が遅くなってしまいます。

 

また、通販には「翌日発送サービス」というものがあります。届けたい日の前日までに注文すれば翌日には届けてくれるという非常に便利なサービスです。
しかしこれも地域によっては断られてしまう可能性があります。頼り切ってしまうと痛い目を見てしまうかもしれません。
このサービスを利用しようと考えているなら、サービスの対象になる地域がどこか、事前に確認しておきましょう。急いでいたとしても焦ってはいけません。

 

便利な手段についてご説明しましたが、一番確実なのは、余裕をもって数日前から注文しておくことです。
数日余裕があるだけで、スタンド花の完成度も随分違ってきますよ。

 

おめでたいことがあった時にお祝いのお花をもらえたら、やっぱりうれしくなりますよね。
スタンド花を贈るなんて大袈裟な、企業じゃあるまいし……なんて思わず、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。きっと喜んでもらえますよ。

 

スタンド台の無料回収している花屋

トップへ戻る